「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」をデータベース化できないのかな?

皆さん「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」を知っていますか?
皆様がお持ちの使用済み携帯電話等の小型家電等から東京2020大会で使用する金・銀・銅あわせて約5,000個のメダルを製作する予定らしいです。
夢ですねぇ。使わなくなった自分の携帯電話が誰かの金メダルになるなんて。このニュースを聞いて、ふと閃きました。誰の携帯電話の金属が、どの金メダルになって、誰に授与されたかデータベース化できないものでしょうか?

自慢ですよね♪ 「おぉ!俺の携帯電話、ウサイン・ボルトの金メダルになったんだぁ!」「あたしの携帯電話は内村航平の金メダルになったよ♪」
大変だとは思いますが、2500万台の携帯電話から5000個のメダル、、データベース化は不可能な数字では無いと思います。

だれかやってくれないかな♪

Presented by ふざけるをまじめに考える ヒポラボ

Print Friendly, PDF & Email