【小倉祇園太鼓】一見の価値あり!!豪快な太鼓が鳴り響く巨大な祭り(北九州市小倉北区)

今日は職場である小倉北区の大きなお祭り「小倉祇園太鼓」に行ってきました。
まずは、ほんの一部ですが祇園太鼓の動画をアップします。無法松とヤンチャな成人式で有名な小倉ならではの豪快な太鼓ですね♪ 見ていて元気をもらえます。


いきなりガラが悪そうな動画ですみません(;´∀`) 迫力を伝えたくてピックアップしましたが、決して怖いお祭りではありませんよ。小さなお子さんからご老人まで参加している元気で健全なお祭りです。その模様は以下を見ていって頂ければわかります。
まずお祭りの日程です。毎年7月1日に打ち初め式で祭りがスタートします。この打ち初め式は太鼓の練習解禁日でもあり、7月の第3金〜日の本番に向かって、この日を境に小倉の街は太鼓一色になります。

2017年の小倉祇園太鼓の本番は、7月14日(金)、15日(土)、16日(日)です。

今回は日曜日の18時から、小倉祇園太鼓のフィナーレを飾り全ての太鼓や参加者が集まって演奏する「廻り太鼓」を見てきました。

まずは少し早めに現地に到着し、魚町銀天街と呼ばれる小倉を代表する商店街をブラリとします。既にお祭りが始まっていますね。町中のあちらこちらで山車を引いて祇園太鼓が鳴り響いています。

そしてメイン通りとなる小文字通りにたどり着くと、そこには大きな道路を埋め尽くす太鼓、山車、参加者。約4,000人が集まり、山車約80台・約160基の太鼓を一斉に鳴り響かせて、大迫力です。

以下の動画でもわかると思いますが本当にすごい人数です。(これでもホンの一部です。全部を収めるには1時間以上撮影しないといけません)。いやぁ、こんなに大きなお祭りを見たのは生まれて初めてですね。凄い!!

次に小倉城、市役所・リバーウォーク周辺のメイン会場に行ってみます。そこには人、人、人、、大勢の集まる会場に沢山の屋台、そして会場の至る所で太鼓が鳴り響いて祭りを盛り立てています。

メイン会場を出て、小倉の街中を歩いていると、メイン会場だけでなく繁華街の至る所で太鼓を叩いています。凄い!!規模が大きい!!
少し長いですが、以下の動画をご覧になれば、街中至る所で鳴り響く祇園太鼓をご確認できます。

いやぁ暑いお祭りですね! 無法松とヤンチャな成人式で有名な小倉ならでは、豪快で盛大なお祭りでした。ちなみに私は東京に30年居ましたが、正直、ここまで大勢の人が居るイベントは中々滅多にお目にかかれません。このお祭りは旅行してでも見に来る価値があります。一生の思い出になりますよ♪

Print Friendly, PDF & Email