アイミーブの充電コードの200V→100V変換ケーブルをDIYで自作しちゃいました♪ (電気自動車は100Vでも充電できるんです♪)

意外と皆様が知らない事実、電気自動車は100Vでも充電できるって知っていましたか? 私はアイミーブの充電コードの200V→100V変換ケーブルをDIYで自作しちゃいました。通常、電気自動車の充電コードはコントローラーが存在するんどえすが、平成22年のベースモデル(16kWh)のアイミーブはコントローラーが存在しないのです。

写真左が「平成22年のベースモデル(16kWh)アイミーブの充電コード」 写真右が「平成25年式ミニキャブミーブ(16kWh)の充電コード」

よって、このDIYは旧型のアイミーブに出来る技で、他の車種は出来るかどうかわかりません。相棒Kちゃんのミニキャブミーブは、三菱のディーラーより専用の100V充電コードを購入して対応しました。

用意するもの
以下をホームセンター(ナフコ)で購入しました。一般的なホームセンターに売られています。
◎ケーブル(お好きな長さで) ※20A以上
◎丸型200V防水コンセント(メス)
◎アース付き100V防水コンセント(オス)

用意するものはこの3点です。

コードの皮を剥いていきます。

コンセントに3本の線を接続します。

蓋を占めれば完成です♪

作られる方は自己責任でお願いしますm(_ _)m。コードの容量が20A以下だと発火事故が発生する可能性があるので、心配な方は自作せずにメーカーから直接購入する方が良いでしょう♪ 2万円ほどで販売しているハズです。(なお自作DIY費用は2000円ほどでした(*’ω’*))
と言っても、旧型ケーブルのアイミーブに乗ってる人はこのブログ見てないかな(笑)

これで100Vで充電出来る様になりました。

2018/05/15追記
9カ月ほど使用したある日、海上がりの海水に浸かったのか、もしくは、雨の日に充電したので浸水したのか、コードが異常加熱しヤバイ状態になっていました。(;^ω^)
詳細は以下のFBに記載しております。シールした方が良いかもしれませんね。

Print Friendly, PDF & Email