DIYで換気扇のリフォーム♪ を、車の塗装用ペイントでやってみる

賃貸アパート経営もする私は、将来に備えリノベーションをお勉強中です。最近、新車一台分ほどのお値段のボロマンション1室を購入し、土日の休みを使ってコツコツとリフォームしています。(えらいでしょ?(;^ω^) 新車を買わずにボロマンションを買うなんて)。さてさて、ここは賃貸にするか、事務所にするのか、はたまた民泊にするのかまだ考え中なのですが、今回は換気扇をリフォームしてみたいと思います。ちなみに私は素人なので、プロの方は、あまり参考にならないと思います(;^ω^)あしからず。

リフォーム前の状態

方針

この「浅型フード」の換気扇はネットで1万5000円程度で購入できる様です。最初は、新品と交換しようかなと思いましたが、こちらの換気扇は元気に動いてくれています。しかも製造したメーカーは既に倒産しているので、ある意味アンティークな貴重品です。動いている限りは使ってあげましょう。取り外して塗装する事にしました♪

工程

まずは取り外していきます

外せそうなネジは外します。

ん?(; ・`д・´)あかない!!

さっそくトラブルです(;^ω^)

実はこの部屋、後付けの電気温水器が付いているのですが、その配管が換気扇に引っかかります。きっと換気扇を設置した後に、温水のパイプを設置したんでしょうね(;^ω^)。。

パイプを支えている所を外していきます

なんとか空きました♪ よかった(;^ω^)

ファンのネジを外します

ファンを取り外しました

中を見ると4か所で支えている様です。図のネジを外します

換気扇を取り外せました♪

写真ではコードが繋がっていますが、ニッパーでちょん切りました。(注:コードを切るときは、くれぐれもブレーカーを落としてからにしてくださいね!!)

色塗りの準備をします

さらに外せるところを外していきます。

マスキングをして、プライマーを塗ります。

ちなみに車用のプライマーが余っていたので、それを使用しました。(;^ω^) 

どんどん塗っていきます。(塗ったら半日ほど乾かします。)

数時間ほど乾かしたら、こんどは塗装です

ずっと昔に廃車になった車の塗料が残っていました。もったいないので、これを使用する事にします。

ワンポイントとして前面部のパネルを赤で塗りました♪

以前、JZA80Supraのキャリパー塗装用に購入した耐熱塗料が余っていたので使用しました。ちょっともったいないけど(;^ω^)他に使うアテ無いし。。

もう数時間ほど乾かしたら、最後にクリアーを吹きます。

どうせならコチラも車用の塗料を使用しましょう。油汚れの酷い所ですが、車用の塗料なら、少しは耐久性もありそうですね。

さて元に戻していきます。まずは配線です

写真が暗くて済みません。ブレーカーを落としての作業です。ニチフの閉端接続子をカシメて接続しました。
(ちなみにヒポラボは若かりし頃取得した電気工事士Ⅱ種の資格をもっています♪)

あとは外した時の反対の手順で設置するだけです。

以上で換気扇のリフォームが完了しました。勉強する意味では新品と交換した方が良かったのですが、先に述べた通り、こちらの換気扇は貴重だし、今も元気に動いてくれています。それに、ここまでやれば新品と交換できたも同然ですし♪ という事で、古きよきものを有効活用するリフォームでした♪

Print Friendly, PDF & Email