TeraTermマクロでSSHコンソールに自動ログイン

ちょいと古いのですが便利なツール、テラタームマクロを使ってSSHコンソールに自動ログインするマクロを紹介します。

シンプルな自動ログイン

ファイル名は任意ですが、拡張子は「.ttl」を指定してください。
下記ソースコードの7行目~10行目を設定してください。
INIファイルは、TeratermのINIファイルです。(背景色などを設定できます)
このINIファイルがわからない方は、末尾Apendixを見てくださいね。

— ログインマクロ1.ttl —

 

秘密鍵(キーファイル)やポートを設定する場合

ファイル名は任意ですが、拡張子は「.ttl」を指定してください。
下記ソースコードの7行目~12行目を設定してください。
9行目がppk(秘密鍵ファイル)です。フルパスで設定してください。
また10行目のINIファイルは、TeratermのINIファイルです。(背景色などを設定できます)
このINIファイルがわからない方は、末尾Apendixを見てくださいね。

— ログインマクロ2.ttl —

 

Appendix2. テラタームマクロの実行方法

上記で作成した「.ttl」ファイルを右クリックし「プログラムから開く」を選択。

そこで「TTERM MACRO」を選択し、拡張子を関連づけて下さい。

Appendix2. テラタームのINIファイルの作り方

背景色を変えるには「設定」>「ウィンドウ」から行えます。
その後、下図の通り「設定」>「設定の保存」を選択すれば、INIファイルを保存できます。

Print Friendly, PDF & Email