エックスサーバーのお問い合わせフォームをカスタマイズする方法

前回の記事で、エックスサーバーの標準CGIでお問い合わせフォームを作成する方法をご紹介致しましたが、今回はカスタマイズする方法を紹介いたします。ちなみに今回の記事は公式マニュアルにも載っないcssやテンプレートのカスタマイズ方法をご紹介致します♪

なお本記事は、既に「メールフォームのインストールが完了している」事を前提に勧めます。インストール方法がわからない方は、前回の記事「エックスサーバーの標準CGIでお問い合わせフォームを作成する方法」をご参照ください。

カスタマイズする方法

1.インストール完了時に表示された「設定画面」のURLにアクセスします。

補足
もしインストール時に表示された「設定画面」のURLを忘れた場合は、エックスサーバのサーバーパネルから「CGIツール」>「メールフォームの一覧」>「ログイン」を選択すれば、設定画面にアクセスできます。
2.ユーザ名とパスワードを入力し、ログインします。

3.まず基本項目を設定します。(こちらは直感的に操作できると思うので説明を割愛します。もし詳しく知りたい場合は、画面右上にある「マニュアル」を参照してください。)

4.ここからが公式マニュアルにも載っていない部分です。まず「タイトル」と「サイトに戻る」リンクを削除したいと思います。

5.その場合は、図の様に「自作スキン」を利用して、「入力画面テンプレート」のHTMLを直接カスタマイズしてしまいます。

6.うっかり忘れがちですが、同様に「確認画面」や「完了画面」からも削除しましょう。

7.「手順5」と同様に「確認画面テンプレート」からも「h3」タグで囲まれた「$basic_formname」と「サイトに戻る」部分をコメントアウトしてしまいます。

8.「手順5」と同様に「完了画面テンプレート」からも「h3」タグで囲まれた「$basic_formname」と「サイトに戻る」部分をコメントアウトしてしまいます。

9.これで「タイトル」と「サイトに戻る」リンクが消えました♪

10.次にボタンに色を付けます。まず「入力画面テンプレート」のボタンにクラス名「btn」を追加します。

11.同様に「確認画面テンプレート」のボタンにもクラス名を付与します。この時、戻るボタンには「btn」に加えて「btn_cancel」も追加します。

12.さて、いよいよcssを編集します。

13.こんな風になりました。

この様に、色々なカスタマイズができます。最後にサンプルを提供致します♪

サンプル

サンプルお問い合わせフォーム(実際に動きます)

追記したcss
注意

こちらのcssは、「手順10~11」にある「テンプレート」の「submitボタン」にクラス名「btn」及び「btn_cancel」を付与する必要があります。

Print Friendly, PDF & Email