Google AdWordsのコンバージョンアクションを改造した件

私はgoogle adwordsを設定しているサイトも運営していますが、殆ど反響がなく、ほぼ放置してました。すると先日、サポートから電話がかかってきて「もっと最適化スコアをあげた方が良いですよ」と教えて頂きました。その中でも厄介だったのが「コンバージョンが記録されていない」という点でした(上記アイキャッチ画像)。いやぁ、恥ずかしいですね。

以下はサポートの方より色々と教わりながら設定した( ..)φメモメモです。ちなみに私自身はgoogle adwordsを殆ど理解しておりません。本記事は自分用の備忘録なので、的外れな事を書いているかもしれない点をご承知おきください。

サポートから教わった事(備忘録)

上部メニューから「ツールと設定」>「コンバージョン」を選択します。

青丸プラスボタンを押します。

ウェブサイトを選択します。

コンバージョンアクションを作成します。なお私はサポートに言われるがまま設定しました。ここは難しく正確に理解してないので、内容について詳細は書けません(ウソを書きたくないので(;’∀’))。
ただ一点、一番下のアトリビューションモデルですが「減衰」とする所が重要です。殆どの方は「ラストクリック」だと思いますが、より多くの評価を得られ、より多くGoogleが学習してくれる、、らしいです。<-よく理解していないまま書いてますm(_ _)m..

「タグを自分で追加する」を選択します。

あとは「グローバルサイトタグ」及び「イベント スニペット」をヘッダーの中に埋め込んであげます。(※なお基本的に「書いてある通り」です。例えば「すでにグローバルサイトタグを設定している」人なら「イベント スニペット」のタグを埋め込むだけでOKです。)

ちなみに私の場合、「お問い合わせページ」のみコンバージョンしたいと思いました。しかしwordpressの個別ページのヘッダー編集となると少し面倒です(私は忘れっぽいので、個別にページソースを編集してしまうと、数年後のトラブル時、かなり悩みます)。しかし、もし共通ヘッダーの編集で済めば、管理もしやすく楽チンですよね。

そしたら、すかさずサポートが以下のソースを送ってくれました。あー、なるほど。URLのパスの中に「contact」(←私のサイトではお問合せページ)が含まれる場合のみ、イベントを発生させるソースですね。(しかし一瞬で下記ソースを送ってくるなんて、グーグルのサポートは、やっぱ凄いなぁと感心しました)

なおwordpress共通ヘッダーを編集する場合、「子テーマ」でやりましょう。そうしないと、テーマがバージョンアップされた時にせっかく設定した上記タグが消えてしまう可能性があります。
(子テーマ作るのなら個別にページのヘッダーを編集しても良い気もしますが、、、(*´з`))。ま、いっか(笑)。

以上、自分用の備忘録( ..)φメモメモでした。

Print Friendly, PDF & Email