西日本鉄道がチャチャタウンのリニューアル計画を発表 – エイプリルニュース —

注:本ニュースはあったら良いなを考えるエイプリルフールの嘘ニュースです。

残念ながら「にしてつグループ」よりリクエストを受け、掲載を中止いたします。
Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン、、チャチャタウン頑張れぇ!!!応援してるぞぉー!!


西日本鉄道(TYO:903)は4月1日、小倉北区砂津の大きな観覧車がシンボルの「チャチャタウン小倉」の大幅リニューアルを行う計画を発表した。


西日本鉄道は最近、遊園地「かしいかえん」(福岡市東区)のリニューアルを実施したばかりであるが、つづいて「チャチャタウン小倉」をリニューアルしエンターテイメント事業を強化する見込み。
まずは既存施設の「チャチャタウン小倉」の観覧車を無料開放し更なる集客を図る。また最近、同施設の近隣に総工費100億円をかけ建設されたミクニワールドスタジアムが完成したが、そこを拠点とするJ3サッカーチーム、ギラヴァンツ北九州が勝利した日は映画館を無料開放するなどのイベントをうち更なる集客を図る計画もあるという。またユニークな計画もある。「チャチャタウン」に猫カフェを作り、マスコットキャラクターとなる猫「チャー」ちゃんを置く予定。キャッチコピーは「ちゃちゃ(タウン)のチャーちゃんちゃ」だという。

猫の「チャー」ちゃん。ちゃちゃタウンに住めば、ちゃちゃのチャーちゃんちゃ♪


また非公式な情報ではあるが井筒屋(TYO: 8260)対して共同開発を提案しているという情報もある。近年業績が低迷している井筒屋は都市型百貨店型の方向を転換し、新たなアミューズメント性を重視した郊外型百貨店の新ブランド「OUTLET MALL CHA」を展開する計画があるという。そこで「チャチャタウン小倉」横の大型バスターミナル「砂津バスセンター」(西日本鉄道運営)の上に井筒屋が「OUTLET MALL CHA」を建設し、その商業施設内部に新しいバスターミナルを構築できないかを西日本鉄道が打診しているという。計画では同施設にフードスタジアム「九州うまかっちゃ市場」や大型スパ施設、宿泊施設も入る予定。カジュアルに展開する事で井筒屋は従来の高所得層に加え若年層の顧客も獲得したい所だ。また同バスターミナルからは九州各地に行ける他、大阪や東京までも直通している高速バス路線があり、またJR小倉駅までも近いことから、同計画が実現すれば同施設は北九州のハブターミナル拠点となる事は必須だ。更に国道3号線の砂津1丁目付近から国道199号線の末広1丁目付近にかけてのトンネル工事も行われており、ミクニワールドスタジアムへのアクセスも良くなることから、この付近一帯の再開発が一気に進むだろう。
全国の政令都市の中で伸び悩んでいた北九州であるが、小倉の象徴である大きな観覧車「チャチャタウン」がリニューアルする事で活気が戻ってくる日も近いかもしれない。

以上、あったら良いな「エイプリルフール」ニュースでした。

Presented by ふざけるをまじめに考える ヒポラボ

Print Friendly, PDF & Email