ミニキャブミーブに装着したレカロシートのレールを取り除いて座高を低くしました。

前回ミニキャブミーブにレカロシートを装着しヒーターをバッ直配線した報告をしましたが、座高が高すぎで運転しずらい結果となりました。そこで今回シートレールを外し、その分、座高が低くなる様に加工します。

まずシートと、その下にあるフタ部分(ミニキャブミーブ純正)を外し、シートを直づけする為の穴の位置を決めていきます。

なおステーはレカロシートのレールに付属していた部品を流用しました。純正フタにある取付穴と位置が合う場所に鉄鋼ドリルで穴を開けていきます。

ちなみに、どうしても一か所だけはレカロシート座面に直接穴をあける必要がありました。若干、強度に不安がありますが、致し方ありません。

先の4角形の部品をレカロシートと装着し、純正の位置があう穴の箇所に長めのボルトを入れていきます。

最後に穴を開けた位置が正しかったか、純正フタを取り付けてみます。うんピッタリ。

あとはミニキャブミーブ本体に純正フタを戻してレカロシートを装着するだけです。レールが無くなった分、座高が低くなり良い感じです♪ 

以上、レカロシートの装着加工でした。

Print Friendly, PDF & Email