我が家の裏は「多々良浜の合戦(陣の越) 」、ちょっとしたお花見スポットです。

以前もご紹介致しましたが、我が家は「丘陵」の上、標高がわかる国土地理院の地図を見てみると、我が家の標高は「45.6m」らしいです。
※↑自宅がバレちゃうので、証拠写真は載せられませんが(;^ω^)

ちなみに頂上は約60mぐらい。特に名称がある丘陵では無いようですが、強いて言うなら「多々良川右岸の丘陵」と呼ばれる事があるそうです。



そんな我が家の裏にこんな物がありました。

多々良浜の合戦(陣の越)
鎌倉幕府を倒し、後醍醐天皇の親政が実現したのが建武元年(1334)のいわゆる「建武の親政」である。足利尊氏は「建武の親政」第一の功臣であったが、不満の武士に担がれ、後醍醐天皇の親政に反旗を翻す。建武三年(1336)足利尊氏は新田義貞の軍に京都で敗れ、弟、直義とともに九州に逃れてきた。ここで、一発逆転、奇跡の巻き返しに成功する。これが、世に言う「多々良浜の合戦」である。

なんと、我が家は歴史的にも重要な地だったんですね。昨年引っ越してきた私は、恥ずかしながら、今まで知りませんでした(;^ω^) 

この頂上につながる道を久しぶりに散策してみると、おぉ、ちょっとしたお花見スポットじゃないですか♪

おや、我が家のチャコちゃんを発見(#^.^#) この子、木登りが得意なんです♪

他にも色々な花が咲いていました。もう春ですね♪ 四季折々を感じれる我が家は良い所です♪

Print Friendly, PDF & Email