今更ですが、電気自動車にシートヒーターを取り付けました♪

電気自動車って冬や雨の日は大変だって知っていましたか? どう大変かというと、、

理由は「暖房」です。電気自動車は暖房をつけると極端に走行距離が減るんです。ちょっと不思議な感じですよね? だってガソリン車の場合、エンジン自体が発熱するので暖房をつけても、それほど燃費は悪くならないですもんね。でも電気自動車は違うんです。家庭用エアコンと同じで暖房を暖めるのに電気を消費します。そして家庭用のエアコン同様、冷房より暖房の方が電気を消費してしまうのです。どれくらい消費するのかというと、「EVsmartBlog」さんの「電気自動車は冬に走行距離が半分になる?」という記事によると、私のiMiEVは「-30%」の減少、つまり夏場は100kmある走行距離が、冬場には70kmになってしまうそうですorz..

ちなみに電気自動車担当の相棒KちゃんはミニキャブMiEV16に乗っているので「-38%」の減少、夏場は120KMある走行距離が冬場には75Kmになってしまいます。運送業で荷物の配達に使用するには、この走行距離は致命的なので、配達時間に間に合わせる為にいつも暖房を一切使わずガタガタ震えながら120kmを爆走しています。大変だね。。ほんと。

そもそも電気自動車は充電中に暖房を使えません。なので外出先で急速充電する間、電位自動車に乗っている人たちは寒さに耐えながら充電が完了する30分間を耐えているんです。これ電気自動車乗りの間のアルアル話で、皆様、色々な防寒対策しているんですよ♪

で、、うちも遅ればせながらヒートシータを入れました。

どういうものかと言うと、シガーソケットから電気の力で暖たまるシートなのです。

※補足

走行用のリチウムバッテリーを使用するエアコンは充電中には使用できませんが、ガソリン車と同様の鉛バッテリーからのアクセサリー電源は充電中も使用できます

実は以前にも、似たような製品を購入したのですが、これはお尻の部分が硬すぎて、とても長時間運転できる代物ではありませんでした。今回購入したシートは柔らかく、、お値段もお手頃なのでお気に入りです♪

Print Friendly, PDF & Email