VirtualBoxのUbuntu(14.04 LTS)にTera TermでSSH接続する手順

VirtualBoxのUbuntuにSSH接続する手順です。ターミナルには「Tera Term」を選びました。

まず環境情報です。

環境情報
Windows 10
Oracle VirtualBox 5.2.8
Ubuntu 14.04 LTS

SSHサーバーのインストール

SSHで接続するためにUbuntuに「openssh-server」というサービスをインストールします。

まずUbuntu上のターミナルを開きます。「term」と検索し「端末」を選択してください。

以下のコマンドを入力しopenssh-serverをインストールします。

「sudo」コマンドを実行する為、初回のみパスワードが聞かれます。ご自身のパスワードを入力ください。その後、実行確認プロンプトが表示されるので「Y」と入力します。

以上でsshサーバの導入は完了ですが、念のためインストールが完了したか確認してみましょう。
以下のコマンドを入力し、sshサービスの実行状態を確認してください

ssh start/running, process nnnnn(nは数字)と表示されればOKです。

仮想マシンの設定変更

仮想マシンとホスト端末が通信できるようにNATのポートフォワーディングを設定していきます。

メニューより「仮想マシン」>「設定」を選択してください。

左ペインより「ネットワーク」を選択し、「高度」オプションを表示します。

「ポートフォワーディング」ボタンを押します。

右上の「+」アイコンをクリックし、追加されたルールのホストポートを「33333」、ゲストポートを「22」と設定します
※ゲスト(Ubuntu側)のポート「22」はsshのポートです。
※ホストのポートは「33333」でなくてもOKで好きな任意のポート番号を選べます。ただし既に使われていないポートを選ぶ必要がある点に注意してください。

以上で仮想マシン側の設定も完了です。

Tera Termで接続してみる

Tera Termを起動し「127.0.0.1:33333」に接続します。
※コロン以下の「33333」は上記で設定したホストのポート番号です。

ユーザ名とパスワードを入力します。

はい(#^.^#)接続できました♪

TeraTermの自動ログインマクロ
ついでにTeraTermの自動ログインマクロも公開しておきます。

※ご自身のユーザ名、パスワードを設定してください。なお「INIファイル」はTeraTermの設定ファイルの事です。詳細は以下の記事をご参照下さい。
TeraTermマクロでSSHコンソールに自動ログインする方法

Print Friendly, PDF & Email