絶対行くべきおススメの穴場観光スポット 門司港レトロ小旅行

職場が小倉にあるヒポラボ、今日は所用で門司に来ました。すこし時間が空いたのでブラリと小旅行をしてみます。

まずは前々から気になっていた鉄道博物館。その模様はコチラをご参照ください。

次に「めかり公園」を目指して県道261号を進むと、遠くに関門海峡が見えてきました。おっと残念、鳥居があります。ヒポラボ、実は今年は喪中なので鳥居をくぐる事ができません。とりあえず車を停めて写真をパチリ。

こんな所に漁港があるんですね♪ ここは観光スポットではないのに景色が良いです。遠くに下関も見えるし、古城山の上に建てられた関門海峡が雄大ですね。

さて鳥居をくぐる訳にはいかないので古城山の麓をぐるりと回って反対側から「めかり公園」を目指します。途中、門司港レトロ観光線の関門海峡めかり駅に車を停めて写真をパチリ。良い景色です。

こちらから見る関門海峡も雄大です。さて、めかり公園の展望台を目指して古城山を登っていきます。思ったよりも急こう配の道ですが、非日常な道がドライブを楽しくさせてくれます。

めかり公園展望台からは関門海峡、門司が一望できました。平日にもかかわらず観光客が絶えず訪れています。さすが人気スポットですね。んー♪景色が良い。

最後に、門司と言えばやっぱり門司港レトロ、その中心となる海峡プラザ周辺に行ってきました。

美味しそうなお店が軒を連ねています。歴史ある建物、情緒を漂わせる街に新しいショッピングモール、おしゃれなお店、、小ぶりな横浜や神戸を思わせる街並みですね。

ロバート秋山のお父さんが経営する焼きカレー屋さんで有名な「ファンキータイガーカリビアン 」です。なんとなくパイレーツカリビアンを彷彿とさせるお店ですね。本物の船を使っています。

人力車と旧門司税関、まさにレトロな雰囲気です。門司港をぐるりと一周回ってくれる様です。写真も撮ってくれる車夫さん男前ですね♪

北九州市立国際友好記念図書館と門司港レトロハイマート。この北九州市立国際友好記念図書館も歴史的建造物らしいです。そして、その真横にそびえ立つ門司港レトロハイマート、最上部は展望台になっているそうです。新旧の景観が良いですね。

遠くに見える関門海峡と下関(はいからっと横丁の観覧者、海響館と下関タワー)。やはり関門海峡は景観が良いですね。対岸に見える本州下関へは門司から車で20分ほどの距離です。もし門司に観光に来るのなら、ぜひ、関門海峡を挟んだ本州側の下関も寄ってみてくださいね。下関の様子はコチラで報告しています。

国内最大級の歩行者専用はね橋「ブルーウィングもじ」。1日6回、水面に対し60度の角度に跳ね上がるそうです。橋が閉じて最初に渡ったカップルは一生結ばれると言われ「恋人の聖地」とも呼ばれています。

こちらは別の日に撮影したものですが夜景の様子もアップします。恋人と来れば雰囲気がグッとあがる事、間違いないです♪

こちらも別の日に撮影したものですが、源氏と平家、壇ノ浦の戦いで有名な布刈公園から見た下関と門司の夜景です。小高い丘になっており眺望がすばらしいです。

他にも見どころが満載の門司。近くには下関、小倉と有名な観光スポットもあります。是非、観光で訪れてみてください。おススメです♪

Print Friendly, PDF & Email