WordPressに画像をアップロードするときに自動でリサイズしてくれるプラグイン「Imsanity」

筆者はこのプラグインを知るまでは「縮小専用。」等の画像圧縮ツールを使用しローカルで縮小してからアップロードしていました。
ですが「Imsanity」はWordpressに画像をアップロードした時に、自動でリサイズしてくれます。
画像の最大幅を指定しておくことにより、設定値を上回った場合に縦横比を維持したまま、指定されたサイズに収まるように自動でリサイズを行ってくれる優れものです。
※ただし、原寸のサイズの画像はサーバー上には残りません。そのため、オリジナルの画像はローカル環境などに残しておくことをおすすめします。

最近の写真は、一眼レフなど、解像度が高い画像が多いですよね? そんな時に自動でリサイズしファイルサイズを圧縮してくれる、ブログ作成には必須のプラグインと言えるでしょう。
設定項目も少なく、簡単に導入できますので、おすすめのプラグインです。

インストール

「プラグイン」>「新規追加」から「Imsanity」を検索し「今すぐインストール」をし「有効化」ボタンを押します。

使いかた

最初に「設定」>「Imsanity」を選択しセッティングをします。

この時「固定ページ/投稿でアップロードされた画像」や「メディアライブラリへ直接アップロードされた画像」に対してはリサイズを行いましょう。(筆者は以前「1024px」にしていましたが、最近は「1280px」にしています。)
ただ「その他の方法でアップロードされた画像(テーマヘッダー、背景、ロゴ」等はできるだけ高解像度のままにしたいですよね? その場合は「0」を入力して、リサイズを無効にしましょう。
他の設定はデフォルトのままで良いと思います。

なお、既にアップロード済みの画像をリサイズする事もできます。(ただし250ファイルづつ)
「画像を検索」し「選択した画像のサイズを変更する」ボタンを押してください。

Print Friendly, PDF & Email