WordPressのデバックモード

WordPressのあるページが呼び出しているPHPが一体何なのか調べたい時は多々あります。
そんな時に簡単に調べる方法を紹介します。

設定方法

WordPressをインストールしたディレクトリ内にある wp-config.php をテキストエディタで編集します。
一番後ろの方の「WP_DEBUG」の定義を「false」から「true」に

また、デバッグに関する定数は他にもあります。

WP_DEBUG_LOG 有効化すると /wp-content/ ディレクトリに debug.log が作成され、そのファイル内にエラー内容が記録されます。
WP_DEBUG_DISPLAY 有効化するとエラー内容をブラウザ上に表示します。

これら二つの定数を組み合わせると、エラー内容をログファイルにのみ記録することが可能です。ちなみに私は以下のようにしています。

wp-onfig.phpに以下を記述
function.phpに以下を記述

使い方

以下のコードを記述すると自身でデバックログを出力できます。

これで「wp-content/debug.log」にログファイルが書き出されます。

あとは呼び出し元と想定される場所に埋め込めば、その関数が呼ばれているかどうか確かめる事ができます。

Print Friendly, PDF & Email