ステンレスのシンクをピカール君やコンパウンドで清掃しました。その他、風呂や壁紙掃除もやっています。

前回に引き続き今回も退去部屋の掃除をしました。って、こう書くと、ずっと退去が出ていなかったんだなって思われるかもしれませんが、それは違います。あの後、何度も退去者が出てしまいました((+_+))。その都度、掃除していたのですが、そんなに掃除内容に違いが無かったので掲載しなかっただけです。だって同じ掃除内容の記事、毎回載せても興味無いでしょ(;・∀・)誰も。

という事で、今回は少し前より(ほんの少しだけ)パワーアップした掃除をご紹介致します。

シンク回りの清掃

こちらが清掃前のシンクの写真です。

たった1年半で、けっこう汚くなるもんですね(;・∀・)。

今回の掃除アイテム達です。基本は「ピカール」君ですが、前回に比べると色々アイテムが追加されているでしょ♪

まずは「#80」粗目のヤスリでシンクをゴシゴシ削っていきます。

ある程度けずったら、こんどは「#150」のヤスリで削っていきます。

本来、プロの方なら、ここから「#300」「#600」とヤスリの目を細かくしていくのでしょうが、私は面倒なので、ここで一気に「コンパウンド掛け」しちゃいます(;^ω^)。

あるていどコンパウンドをかけたら、ここでピカール君を投入します。

なおタオル地のパフでは、シンクの角部分に届かないので、厚めのスポンジで研磨していきます。

最後に水でコンパウンドを洗い流します。

まぁまぁキレイになりました。

ちなみに台所のフチや作業台の部分は「ざらざら」しているステンレス(エンボス加工)なので研磨する事はできません。そこで「クエン酸」や「アルカリ電解水」を使用しました。

今回は2部屋も退去されたので、もう一つの別のお部屋も掃除しました。以下は清掃前の写真です。

こちらが清掃後です。少しは綺麗になった事がわかります♪ なんか嬉しいな(#^.^#)。

壁紙の掃除

基本的に壁紙は汚れたら張り替えますが、このお部屋はまだ1年半、そこまで汚れてはいません。
ただ換気扇の入口付近は少し黒ずんでいますね。そんな時はアルカリ電解水を軽く吹きかけ、、

激落ち君などのメラミンスポンジで軽くサッとひと拭きします。すると汚れが落ちてくれます。

風呂掃除

なお、風呂掃除も実施しています。以下は清掃前の写真です。

今回、鏡の水垢(うろこ)とりにクレンザーを使用しました。

ガラスをゴシゴシ磨いていきます。

また石鹸おきの小物も外して磨いていきます。

お風呂の横のパネルも外してしまいます。こういう見えない所に汚れが溜まっているんですよね((+_+))。

やるからには徹底的に清掃致します。

こちらが清掃後のお風呂です。どうです?ピカピカになったでしょ(#^.^#)。

鏡のウロコだって、ほら、この通り。ピッカピカです♪

以上で今回の掃除内容のご紹介は終わりです。賃貸経営には、こういう地味な努力こそが大事ですよね。これからもお掃除テクニックを極めていかないと(#^.^#)。日々、お勉強です。

■大家仲間を絶賛募集中♪■
私と同じ大家業をやられている方、情報交換しませんか? 絶賛募集中です。
以下のメールアドレスへご連絡ください♪
shimada@hippo-lab.com
Print Friendly, PDF & Email