久しぶりにi-MiEVの充電記録を取りました。

久しぶりに我が家のオンボロi-MiEVの充電の記録を撮りました。測定日は2018/3/8 23:50~3/9 8:00です。ちなみに測定対象となる我が家のi-MiEVは平成22年のベースモデル(16kWh)、走行距離は52500km程で8年落ちのオンボロです。使用した充電設備は、いつもの場所、職場となるマンション「RIO LACOOCO」の普通充電器(EVコンボライト)です。URL:https://rio.lacooco.com/equip2/

充電開始前 (3/8 23:55)

亀さんマーク(左下オレンジ)が出るまで走りました。なおカメさんマークが現れて直ぐの充電開始です。

開始前のメータ読みです。

充電終了時< (3/9 7:57)

ちなみに、7:57の時点で既に充電は終了していました。が、終了するのをずっと寝ないで待っていた訳ではありません(;^ω^)。なので、どの時点で充電が終了していたかは不明です。あしからず。

終了時のメータ読みです。なお終了したという根拠は、メーターのグルグルまわる盤が、ピタっと止まって動いていなかったからです。

結果まとめ

なお、※4の充電器効率88%の根拠は「前回の記事」をご参照ください。

充電開始時(※1)552.1(kWh)
充電終了時(※2)563.8(kWh)
充電器の消費電力量(※3)(※2)-(※1)=
11.7(kWh)
充電器の効率(※4)最大88%
実際に充電された量(※5)(※3)* (88%/100%)=
10.296(kWh)

考察

今回は、冒頭に述べた通り今回は「カメさんマークが現れて直ぐの充電開始」です。そう考えると、ガソリン車で言う処の「リザーブタンク」に該当するバッテリー量は以下の様になると推測できますね。

前回測定時の実際に充電された量)11.968(kWh) - (今回測定時の充電された量)10.296(kWh) = 1.672kWh

残りがこれだけになると亀さんマークが点灯すると推測できます。前回、以下のFBで相棒Kちゃんが報告したとおり、カメさんマークが点灯してから4.5㎞走行したらストップしました。(写真3枚目)

そう考えると、1.672kWhで4.5km程走るという結果になります。一般的に「電気自動車の場合、おおよそ1kWhの電力量で、4kmから10kmくらい走行することができる」と言われているので少し残りすぎな気もしますが、、まぁ亀さんマークが出たら、すぐ充電しないと電欠するという話ですね(;^ω^)。

Print Friendly, PDF & Email