もうすぐお正月

来年は良い年になってほしいと願いを込めて、経営している賃貸物件エントランスに門松としめ飾りを置いてみました。
ちょうど28日の夕方、日が暮れないうちに大急ぎで設置、なぜかというと28日は「8」があるので、末広がりで、縁起が良いそうだからです。
ちなみに、29~31日にやるのは、あまりよろしくないと言われています。

その理由は、

29日…9が「苦」を連想させてしまう
30日…新暦だと問題ないけど、旧暦だと大晦日にあたるので(31日と理由は同じ)
31日…「1夜飾り」と言って、ギリギリなのは神さまに失礼とされる

という理由があるから、だそうです。

また、しめ飾りの形が特殊な事に気が付きましたでしょうか?

実は、北九州の注連縄(しめ縄)は独特で珍しい『鶴』型なのです。なので、わざわざ黄金市場まで行き、手に入れてきました。

来年は良い年になりますように♪

Print Friendly, PDF & Email