福岡県 博多港からスグの壱岐島(長崎県)おススメ観光スポット12選&おすすめグルメスポット4選)

電気自動車での旅好きなヒポラボ達、今回は壱岐島2泊3日の旅に行ってきました。博多港からフェリーに乗って2時間少々、てっきり福岡県かと思っていた壱岐島は、実は長崎県なんですね。ちなみに壱岐島は外周を回るのに車で約2時間半ほど、電気自動車でのドライブにはピッタリの大きさでした。電気自動車をフォーカスした記事はコチラで紹介致しますが、本記事では、壱岐にフォーカスをあてて、実際に旅行した中から勝手に選んだ「おススメ観光スポット12選&おすすめグルメスポット4選」をご紹介しちゃいます♪ 

愛車ミニキャブMiEV
これでも電気自動車、車中泊だってOKの優れものです♪

壱岐島とは

まず壱岐島について、少し説明を入れておきます。

位置は九州と対馬の中間に位置し、長崎からであれば飛行機を利用して30分ほど、福岡からだと高速船で約1時間ほど、車を乗せられるフェリーに乗っても2時間少しで到着します。九州ではビーチの美しい海水浴場として知られていますが、最近、注目されているのが島内に点在するパワースポットです。

壱岐は神道発祥の地と呼ばれ、神社庁に登録されている神社だけでも150社、大小合わせれば、その数、1000社以上あると言われています。なんで離島の島でこれだけの神社が存在するのか、その由縁は、古代、海上交易で王都を築き、独立国家(壱岐国、一支国)として繁栄していた処にあるのかもしれません。特に弥生時代、日本と中国大陸を結ぶ交易・交流の拠点で、海上交通の要衝として、非常に栄えていました。
より壱岐の事を詳しく知りたい方は、後述おススメスポットの「一支国博物館」や「原の辻一支国復元公園」を訪れてみてくださいな。弥生時代、“海上の貿易センター”として繁栄した壱岐の王国・一支国の歴史を学ぶことができますよ♪

事前に「一支國国民証」を手に入れると吉♪

壱岐をお得に楽しむカード「一支國(いきこく)国民証」、 船のチケット、宿泊、レンタカー、お食事、お土産など割引や特典が受けられます♪ 僕らは、壱岐に行く前、これを手に入れていきました。登録時の発行手数料1,000円かかりますが、それでもお得でしたよ♪ まずフェリー料金10%OFF(418円お得)、「はらほげ食堂」の生ウニぶっかけ丼10%OFF(220円お得)、生ウニぶっかけ定食10%OFF(270円お得)、「味よし」の生うに丼10%OFF(220円お得 ×2)と1000円以上は回収しました。他にもドリンクサービスやら料理一品サービスも受けています。ウケられるサービスや申し込み方法は「壱岐観光ナビ」というサイトからご確認できます。

一支國国民証があれば10%OFF

Print Friendly, PDF & Email