アイミーブの整備(車検、アライメント、法令点検、バッテリー容量測定)

プロローグ

我が子がマイカーを買いたいんだけど、少しお金を援助してくれないか、と相談してきました。コロナ禍で仕事にも影響があるそうです。是非買ってやりたい、、、所ですが、色々と諸事情があり、今はあまりお金を使えません。そこで提案「今、蓄電池替わりにしていて乗っていないアイミーブがあるんだけど、それなら譲るよ」と言ってみた処、「とりあえず通勤の足になるならOK」と返事が返ってきました。「よし、それなら電気代(ガソリン代)は父さんが持つから、しばらくはアイミーブで我慢してお金を貯めて、車を買ってくれぃ」という事に決まりました。ちなみに余談ですが、我が子は母親や祖母と住んでおりガソリン車を2台所有しています。なので、いざとなれば車を交換し遠出する事もできる、という点も今回の決定要因です。

まずは車検を通す

さてアイミーブの譲渡準備にかかります。っと、あ、車検があと1か月しか残っていない。。んー、まずは車検を通しておくか、という事で「ユーザー車検」を通しました。(その詳細は別記事にまとめてありますので興味があれば参照ください



次に名義変更をする

はじめは埼玉へ移動し、自分自身で名義変更する事を考えていました。しかし、よく考えると蓄電池替わりにしたアイミーブだったので任意保険を解約してしまっています。んー、1Day保険は自分名義では入れないし、、どうしようか悩んでいましたが「あ、そうか、先に子供名義にしてしまえば良いのか」と閃きました。という事で、埼玉県の行政書士の先生に依頼し、名義変更の代行を依頼し対応しました。

法令点検&バッテリー容量測定

車検と名義変更だけで車を譲渡できますが、一応、我が子に渡す車なので整備をしっかりやっておきたいですよね。そこで三菱ディーラーに「12ケ月法令点検」と「バッテリー量量測定」を依頼しました。

ん?そういえば2年前に測定した時は「75.625%」なのに、今回「81%」と増えている?? この点はディーラーに確認しておきます。

すると本部にまで問い合わせてくれました。結果「前回、測定しているのが12月20日と真冬、たいして今回、8月1日と真夏に測定しています。正直、バッテリーは温度によって容量が大きく変わるので、それが影響している可能性が高いです」との事でした。そっか、モジュール最高温度と最低温度の結果、2年前の測定時は「9℃~11℃」なのに、今回は「30℃~32℃」だもんな、そりゃ変わるよな。

アライメント

私のアイミーブ、若干左へ曲がろうとする癖があり、アライメント調整もしておくことにしました。その調整で数値見てビックリしたのが、左右ホイールベース差が26mmもあった事(;^_^A。。
この車事故車だったから…(フロント左側にぶつけた痕跡あり)。結構大きな事故してたのかもです。フレーム修正は高いから調整でゴマカシましたが、腕の良い所だったので、驚くほどまっすぐ走る様になりました♪

準備は整いました。埼玉へ向け出発です

さて準備は整いました。あとは埼玉へ向けて出発するのみです。コロナ禍という事もありお盆休みをズラし8月3日~6日にかけて、車で移動する予定です。が、、電気自動車なので真夏の炎天下の移動は正直厳しいです。という事で最初はフェリーで大阪まで移動し、そこから埼玉まで車の調子を見るのも兼ね、運転しながら移動するプランをたてました。



ちなみに船の中にはEV充電設備があります。バッテリー温度があがりやすい真夏には嬉しいですね。朝のスタート時点、バッテリー温度が低い状態で満充電でスタートできそうです♪



この続きは別記事「アイミーブで大阪(南港)から埼玉(狭山)まで移動しました。」をご参照ください。

Print Friendly, PDF & Email