日産リーフに乗ってガス代(燃料代)0円の九州一周旅行(1日目)

日産リーフは月額2000円で日産販売店舗をはじめNCSを導入している色々な所での充電が使い放題となります。そういった所を駆使して九州一周、燃料代0円の激安旅を目指します。
※厳密には月額2000円が発生しているので、完全な0円、ではありませんが、、(;’∀’)
※また、この記事は2017/6/16 23時~2017/6/17 04時頃に走行した記録です。
※なお「もしかしたら24kWhモデルかもしれません」と言っていた件は今回リーフを貸し出して頂いた日産福岡空港前店に確認したところ「間違いなく30kWhモデルですよ。」との事でした。


なお我が家の「おんぼろミニキャブMiEV」は満充電の走行距離が短すぎ、何回も充電する必要があるので、九州一周に中々踏み切れませんでした。しかし、今回試乗させて頂いた航続可能距離280kmに伸びた「日産 リーフ」マイチェンモデルなら可能です。前回、試乗して九州一周したBMW i3との比較も含めて、もう一周、九州を回ってみます。

スタート前の充電

BMW i3 で九州一周した際も、最初は充電100%の状態からスタートしました。今回も同じようにリーフを100%まで充電します。場所は「福岡日産 福岡東店」です。

充電開始時の状態

※写真4枚目ですが、たまたま写真を撮った瞬間が107Aになっている点にご注意を。106Aの状態がほとんどです。

1回目の充電後の状態(充電器30分の時間制限後の状態)

すいません(;’∀’) 写真撮り忘れました。

2回目の充電後の状態

3枚目が充電完了時です。写真をめくっていくと97%の状態が続いて、最後にいきなり100%の表示になっている事がわかります。
これらの写真でわかる様に、バッテリー保護の為に充電後半の出力が下がっています。
・充電開始時:107A × 354V = 37.878kWh
・充電終了時:3A × 394V = 1,182kWh
なので、充電速度も遅い(200V 10Aの普通充電以下)ので97%の状態のまま増えません。もしかしたらリーフは、急速でコレ以上充電しても意味が無い状態で30分たったら、100%として丸めてしまうのかもしれませんね。

明日は、この辺りをもっと良く理解できるような写真の撮り方をしてみようと思います。

出発:1日目目的地 延岡

初日の目的地は延岡にしました。九州を一周回りたいので、少し遠回りですが福岡ICから高速道路へ、北九州市を経由して新しく開通した東九州自動車道経由で目的地を目指します。なお前回BMW i3で九州一周した時と比較する為の同じルートとなります)

まずはスタート時(充電終了時)のメータ情報です。

ちなみに極力、測定を正確に行いたかったので、オートクルーズによる100km/h巡行を行いました。

1回目の走行限界

高速道路走行途中、別府湾サービスエリアの手前でバッテリー残量低下の警告メッセージが表示されました。

なおバッテリー残量が思ったより少なくなり、充電スポットまでたどり着けない可能性がありました。そこで、巡航速度を途中から100km/h → 90km/h → 80km/hと遅くしてます。すると、後続可能距離が延び、なんとか充電スポットまでたどり着けました。

これはつまり、BMW i3と完全に同じ条件で比較が行えなかったという事を意味します。(同じ条件の100km巡行で走り続ければ、たぶん、高速道路の途中で充電切れを起こし停まってしまった事でしょう。それは流石に危ないので、、)

つまり電気自動車は速度次第で航続距離が数十キロ変わるので、厳密な比較は難しいと思います。また、今回お借りしたリーフは既に1万キロ以上走っています。それぐらい走ればバッテリーは劣化しはじめます。また、その日、その人の走り方次第で幾らで航続距離は変わってしまう乗り物です。(これは電気自動車に限らずですが、、) もしかしたら、都市伝説の様に言われているバッテリーの当たりハズレの車両があるかもしれません。つまり、単純な比較は難しい、という事をご理解頂いた上で本記事を参考にして頂ければ幸いです。

2回目の充電開始

さて、なんとか別府湾サービスエリアの充電ポイントにたどり着けました。なおコチラもNCSを導入しており日産ゼロエミッション会員なら充電し放題の場所になります♪

充電開始時

※写真3枚目、出力が96A(344V)ですね。少しだけ福岡日産 福岡東店より出力が低い事が解ります。この様に同じ「急速充電」と謡っていても、実際には充電器次第で充電時間が変わる事が理解できます。

充電最中、Σ(・ω・ノ)ノ!ビックリ

充電最中に、おやぁ、、目の前に現れたのは、、、

キツネちゃん(たぶん)ですね。すっごく珍しい&かわいい(#^.^#) 人に慣れているのでしょうか? 近づいても逃げません。(流石にナデルまでは近寄れませんでしたが、、)珍しいもの見れた♪写真をパチリパチリと♪

充電終了時

キツネちゃんの写真を撮っている最中に充電が終了しました。あぶない、終了する所を見逃す所だった(;’∀’)

おや偶然かな?30分ちょうど80%で終了しました。さて、もう夜も更けてきてます。急いで延岡を目指さねば。。

延岡へ再スタート

ここで電費情報をリセットしておきました。

なぜ、ここで?と言われると困りますが、、なんとなく、、です(;’∀’)

さすがに日本全国を走り回っているプロドライバーの相棒Kちゃんも、この時間になるとグロッキー気味です。ヒポラボが運転を変わります。(撮影はKちゃんです) スタートして早速、あれ?ゴールまでギリギリの航続距離やん??

もっと充電しておけばよかった((+_+)) でも、そんな時は「ゆっくり走行」です。

なんとかゴールまでたどり着きました。

航続可能距離24km残しです。まだ「亀」も「へびーーー」も出てきていません。もっと飛ばせば良かったかな?
でも、これで再スタート時は航続可能(予想)距離132kmに対しゴールまで「136km」だったのに、実際にゴールについた時は「24km余り」になる事がわかりましたね。これは「100km/h巡行」を続けた時にコンピューターが予想していた航続可能距離が、実際には「85km/h巡行」すれば走行できる距離が延びる、って事です。これが電気自動車を電欠させないコツです♪

うへぇ:;(∩´﹏`∩);:ていうか、朝の4時やん。。。
ちなみにビジネスホテルの受付の人ビックリしてました。キャンセルじゃなかったんだ、って思ってたのかな?(;’∀’)だって。そりゃそうだよね。朝の4時だもん。。

移動情報

最後に今回の旅行の経路図を掲載致します。

関連記事

・1.航続可能距離280kmに伸びた「日産 リーフ」マイチェンモデルの試乗車借りました♪
・2.日産リーフに乗って博多ー小倉を0円で移動 1日目
・3.日産リーフに乗って博多ー小倉を0円で移動 2日目
・4.日産リーフに乗ってガス代(燃料代)0円の九州一周旅行(1日目)
・5.日産リーフに乗ってガス代(燃料代)0円の九州一周旅行(2日目)
・6.日産リーフに乗ってガス代(燃料代)0円の九州一周旅行(3日目)
・7.日産リーフに乗って博多ー小倉を0円で移動 最終日(ラストラン)

Print Friendly, PDF & Email